2014年01月19日

日経新春杯

1 サトノノブレス   5.5  菊花賞の2着はうまく立ちまわった結果というのはあるものの、思ったより身体機能が高かったということなのではと思う。というわけで55キロで走れる今回もすごい馬体増とかでなければなかなか切りにくい
2 サフランディライト 5.0  
3 トップカミング   5.0  
4 フーラブライド   5.0  
5 カワキタフウジン  5.0  
6 ステラウインド   5.0  
7 ウインドジャズ   5.0  この馬は次短距離に出てきた時に狙おうと思ってるんだけど、なんでどんどん距離を伸ばしてくるんだろうか
8 アドマイヤフライト 5.0  反動の可能性が怖いし、3倍台ではなあ〜。それに差しに回る必要があるし
9 コウエイオトメ   5.0  
10 テイエムイナズマ  5.0  
11 トップゾーン    5.0  
12 ロードオブザリング 5.5  OPに上がってからは人気もなくてなかなか面白い存在だ。今回は逃げという選択肢もあるし
13 ラブイズブーシェ  5.0  有馬はよく追い込んできたといえるけど、所詮レースが終わってからの着拾いだし人気してるのを買うほどでは・・・
14 ラウンドワールド  6.0  最初は1番人気なのでハァ?と思ってきたけど妥当なところに落ち着いてきたね。前走のようにゴチャつく条件よりはこっちの方がいい
15 クラウンレガーロ  5.5  2400はちょっと長いかな。しかしスムーズに先行できればひょっとする
16 ジャングルハヤテ  5.0  

ここまで書いたところで馬体重がでて、サトノは+20!! これは面白くなってきたで〜
posted by はゃゃ at 14:44| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京成杯

1 ホルボッシュ    5.5  スムーズに逃げられるようなら。あるいは、チチカスなので差しに回っても悪くはないのかもしれない
2 アルバート     5.0  
3 ツクバアズマオー  6.0  1回叩いた後のステゴで要注意なのではと思う。なんせ有馬と金杯の両方で勝ってるわけだし
4 ウインマーレライ  5.0  
5 ショウナンラグーン 5.0  
6 エアアンセム    5.0  同条件勝ちはこのレースでは微妙だし、ボリ産駒なので重賞にグレードが上がったときの安定性は微妙
7 ラングレー     5.0  東スポ杯で4着というのは、展開を考えると微妙な着順だと思う。少なくともここで巻き返しにかけるほどではないな
8 ディアデルレイ   5.5  程々に間隔が開いているのと、中山での経験があるということで差し馬から1頭は選んでおこうかと
9 アグネスドリーム  5.0  
10 マイネグレヴィル  5.0  函館ではタフなところを見せたが、混合戦での体力勝負となると・・・
11 アデイインザライフ 5.0  
12 プレイアンドリアル 6.0  朝日杯は前の馬には厳しかったので、当然巻き返しは考えて良いのではと思う。ネックは主流路線を走っているので、疲労があるかもしれないところ
13 デリッツァリモーネ 5.0  
14 ピオネロ      5.0  
15 ヴォルシェーブ   5.0  
16 キングズオブザサン 5.0  悪くはないステップだけど、大外枠がどうかだね。この条件はそもそも大外はどうしてもロスがあるし、外枠が向く血統や脚質でもないので

キャリアの浅いDI産駒が人気になっているので、ここはチャンスと思っている
posted by はゃゃ at 14:30| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。