2012年04月15日

先週の反省

・桜花賞

ジェンティルドンナ:○✕で差しを決めてくる典型的なパターン。改装後はこういう形は少なくなっていたので、微妙かなとは思っていたけど、まさに嵌ったという感じだった
ヴィルシーナ:結果的には差しに回ってくれればよかったんだけど、そこまで求めるのは酷か。差し競馬でこの粘りだから一番強い内容ではあった
アイムユアーズ:1400ステップだし、最後はどうしてもちょっと足りなくなるか。さて次走マイルカップでどうするかだが
サウンドオブハート:馬体減ってたのでよく走った方ではあると思うが、逆に反動が心配。ここで惨敗ならオークスでもかなり変えるパターンなんだけど(距離が持つかどうかは別にして)
メイショウスザンナ:行く馬もいたので、ハナを取れない場合の次善的な乗り方としてはこんなもんか。しかし突き抜けるには至らず
ジョワドヴィーヴル:あんなに動けないとは思わなかったが、骨折してたのならしょうがないのかも
トーセンベニザクラ:この馬体減ではアウツ。展開は向いただけに残念
イチオクノホシ:4〜7着くらいには来ると思ったけどどうしたんだろうか。あまり速いペースは良くないのかも

1:34.6 4F 47.5 - 3F 35.3
12.7 - 10.9 - 11.3 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.0 - 12.2

1着混合戦経由の○✕、2着クイーンC、3着牝特という3連単もズバリ取れそうな組み合わせだったが、なぜか持っていたのはヴィルシーナの単・・・

・阪神牝馬S

クィーンズバーン:自分から動く馬のいない中で単騎逃げ・・・。単勝50倍か・・・
マルセリーナ:流れてくれたのはこの馬にとっては良かった。結果的にはもっと後ろから差しに徹しても良かったかも
フミノイマージン:1400は実は悪くないが、時計も上がりもこの馬には速すぎたかも
エーシンリターンズ:これは盲点だった。まあ、4着だからヒヤリハットだな
スプリングサンダー:5着まで来るとは結構驚きなんだけど。というわけで○✕的には次も見送りかな
アパパネ:あえて狙ってみたけど、1400自体が短かったかな〜。これで本番は普通に消せなくなった
アンシェルブルー:狙えるパターンかと思ったが、まあここぞという時に当てになるというタイプではないしね

1:21.9 4F 47.0 - 3F 35.5
12.4 - 11.0 - 11.5 - 11.5 - 11.4 - 11.6 - 12.5

この人気馬の構成を見て(デタラメでも)逃げ馬を買ってないとは、マジで反省すべきだ・・・

・ニュージーランドT

カレンブラックヒル:控えてもコントロールされて勝てたのはハイペースの賜物かな。本番は逃げてどうかというところだが
セイクレットレーヴ:高速馬場が向いているっぽい感じはある
ブライトライン:いちおうこの馬が3着まで来たということは、ファルコンSが1400に伸びたのはそれなりの意味はありそうだ
オリービン:この馬場で大外はやはり厳しかった。マイルCではぜひ内枠がほしいところ
マイネルアトラクト:差しに回ってくるほどの器用さはなかったのかな。普通に先行できそうなタイミングで買ったほうがいいっぽい

1:33.2 4F 47.6 - 3F 35.6
12.1 - 10.6 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 11.7 - 12.0 - 11.9

内枠で前走1着の馬が上位独占。まあ、そういうトラックバイアスだったということだ
posted by はゃゃ at 10:17| Comment(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クイーンカップ当時から、今年のオークスはやる気満々だったけど、
2着にこられてしまったからニコニコ観て不貞寝した。
Posted by らっかせ〜 at 2012年04月17日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。