2012年06月23日

先週の反省

・マーメイドS

グルヴェイグ:「外差しの展開なら来ない」とか言っちゃったけど、普通に差して圧勝だったw DI産駒は最初の頃は昇級戦はいまいちのような印象があったけど、今はそれどころか積極的に狙うべきレベルだな(逆に言うと、不調期にはあまり狙いにくいということなんだけど)
クリスマスキャロル:使い込んでるタキオンで消耗が懸念されたが、軽量だったのと追い込みに回ったのが良かったかも
メルヴェイユドール:フジキセキなのでスローを先行するよりハイペースで差したほうがいいということで、同じくなだれ込んできた。ところで、この馬がゴールデンサッシュの最後かと思ったら、まだ3歳と1歳がいるらしい・・・
シースナイプ:1600万から上がってきて勢いはあったが、早めに動いた分最後は差される
アカンサス:展開は向いたが、重賞戦線でそこそこ走ってきてたので、疲労感はあったかも
アグネスワルツ:ちょっとこの馬には速すぎたかもしれない。それにトラックバイアスの恩恵も結局無かったので
レジェンドブルー:馬体が増えてたから◎から○に下げたんだけど、これなら切り捨ててよかったのかも

1:59.9 4F 48.2 - 3F 36.5
12.4 - 10.8 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 11.7 - 12.0 - 12.1 - 12.4

差し競馬になったが、きっちりウイリアムズさんは中団にいた。この騎手って前からこんな上手かったっけ?

・函館SS

ドリームバレンチノ:時計がやや掛かる馬場は、RM産駒にはいいだろう。
ロードカナロア:確かにインで動きにくい競馬だったが、進路ができてからも前を捕まえに行くという感じではなかったのでどのみち2着だったのでは。勢いが薄れてきているのでGI狙うなら消費レースは抑えたい。ていうか直行すべき
ビスカヤ:高速がダメで函館得意のこの馬が最下位人気とはちょっと盲点だった。こういう論理的に拾える穴馬を外してるというのはマジ反省
パドトロワ:少頭数でも動けないということは、あまりコンディション自体よくなさそう
キングレオポルド:古馬になって初の重賞ということで狙ってみたが、行きっぷりがいまいち。馬体が戻ってなかったし、使ってからだったのかも
レオンビスティー:滞在でこの馬体減はちょっと疑ったほうがいい。もちろん馬体減で走るケースもあるけど、この馬の場合は春にそこそこ走ってきて既に活性化していた状態だったので、馬体減は何かの異変を示唆している可能性が高い

1:09.4 4F 46.5 - 3F 35.1
12.1 - 10.8 - 11.4 - 11.9 - 11.4 - 11.8

このレースで福永さんを叩くとしたら押してでもポジションを取りに行かなかったことだとは思うが、今さらそんなことを期待するのは酷というもの
posted by はゃゃ at 17:50| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。